ピコレーザーでタトゥー消します。【照射3回目・刺青除去経過ブログ】

タトゥー ピコレーザータトゥーレーザー除去
この記事は約7分で読めます。

ピコレーザー照射による傷・腕毛とか自己責任でご覧ください。

3回目のピコレーザー照射直後のタトゥー経過記録。

アミモト
アミモト

これはレーザー照射直前。入墨部分の皮膚はナイロンぽい乾燥したやや硬めの質感です。

ピコレーザーを翌日に控えていることを忘れてガッツリお酒を飲んでしまった。。

今回はキツめな二日酔いでピコレーザーに挑みます。

とんでもなく腫れたらどうしよう。怖いなー。

10/22 二日酔いのまんまピコレーザー

ピコレーザー照射直後のタトゥー

ウル
ウル

お酒は控えろって言われてたのに、、、、

前回同様ピコレーザー照射後は表面が白くなってから、すぐに水ぶくれに。
(どんなのかはこちら>>>)

帰ってから浮いた皮切り取ってをしてハイドロコロイド(傷パワーパッドみたいなの)を貼りたかったので、照射後ワセリンは断って、プラスモイストという水を吸うパッドでガードして帰りました。

慣れたのか二日酔いのせいか、帰り道とか普段よりジンジンした痛みは少なかった気がします。

アルウル
アルウル

私は全くの独学で、タトゥーのケアに湿潤療法を取り入れています。

医者でもなんでもないので最適なケアかどうかはわかりません。

昼寝してから刺青部分の水ぶくれで浮いた皮取りました

湿潤療法では余分な皮膚は取るらしいので完璧にしたかったけど、利き手じゃないから無理。。

ある程度切り取って、ハイドロコロイド(傷パワーパット的なもの)貼ってると膿のような滲出液が大量に出てきます。

(※滲出液…欠損した創から滲み出す組織間液)

傷を洗う時は水に染みます。

圧迫すると痛いですが何もしてない時の痛みは少しだけ。

傷をギュッとしたら痛いですよね。

とりあえず冷えピタは貼ってました。

明日再トライしよ。

10/23 ピコレーザー照射1日経過、水ぶくれで浮いた皮膚を除去

タトゥー除去 ブログ
タトゥー除去 ブログ

朝起きるとすごい量の滲出液が出ていました。

二日酔いだったけどタトゥー周辺の皮膚は、かぶれてなくて綺麗。

うっかり寝返りを打って二の腕のタトゥーに体重がかかる時とかはまぁまぁ痛かったです。

眠る時、前回は保冷剤で冷やして寝ましたが、今回は冷えピタのみ。

写真は昨日からさらに皮膚を切り取ったところ。

滲出液が多いとハイドロコロイドがゲル化して刺青部分に張り付いてしまいます。

ゲルに邪魔されて滲出液が溜まったりしたら良くないのではと思ったので、ピンセットでゲル部分を削ぎ取って傷に直に水が当たるようにしました。

ゲル化してる部分は水洗いしても全然シミませんが、削ぎ取った後はヌメリが取れる&水にしみます。

10/24 タトゥーから出る滲出液がゲル化

タトゥー除去 ブログ
タトゥー除去 ブログ

昨日同様、滲出液がハイドロコロイドを溶かしてゲル化したものがタトゥーにべったり張り付いてニュルニュルなのでピンセットで削ぎ落とす。

そもそもゲル状になった部分を剥がすメリットがあるかどうか知りませんが。。ニュルニュルが気持ち悪いからやる笑

痛みも昨日同様、圧迫すると痛いけど普通に生活している中では気になるほどではありません。

熱は他の部分より若干だけ高い感じです。

滲出液を吸収してケアを楽にする

入墨 除去 経過
入墨 除去 経過

ゲルを剥がすのがとても根気がいる作業なので今日からハイドロコロイドと刺青の間にプラスモイストを挟む事にしました。

10/25 経過良好だがドット絵みたいになってる

入墨 除去 経過
入墨 除去 経過

タトゥーから出過ぎる滲出液をなんとかするためにプラスモイスト+ハイドロコロイドというケアをしています。

プラスモイストの凹凸の柄の跡がついて気持ち悪いけどニュルニュルは軽減されてます。

冷えピタはもう貼ってません。

圧迫するとまだ痛いですが刺青自体結構ゴシゴシ洗ってます。

周辺の皮膚の様子もキレイで調子良いです。

10/26 刺青表面は良好、テープかぶれが始まった

刺青 除去 経過
刺青 除去 経過

刺青部分を圧迫したりすると痛いのは変わらず。

滲出液はだいぶ減ってきました。

前回よりテープかぶれもなく全体的にキレイですが、うっすらハイドロコロイドを貼っている境目が痒くなってきています。

アトピー体質なので乾燥しやすくてテープかぶれは避けられない。

10/27 肉芽組織ができてきてる、多分。(赤色期)

刺青 除去 経過
刺青 除去 経過

剥き出しの赤い肉に見える部分は多分、真新しい細胞とか皮膚とか。

赤色期という肉芽組織を形成している時期。

湿潤療法では大体黄色(死んだ組織)→赤色→白色と変化して治るらしい。

タトゥーの傷の凹凸も前回よりかなり少ないし、前回の照射後のケアから思い返しても良い感じに見えます。

まだ圧迫したら痛いけど、日常生活では忘れるくらいノンストレス。

だんだんテープの形に沿って赤くなってきました。

テープかぶれが地味に一番面倒かもしれない。

10/29 タトゥーに新しい皮膚ができてきた

タトゥー 除去 経過
タトゥー 除去 経過

死んだ細胞みたいなのがどんどん取れ、タトゥー表面に新しい皮膚が出来て「治ってきてるな〜」とわかる感じです。

水で洗う時ほとんどしみなくなりました。

腫れもほとんどなし。

寝る時圧迫してもあんまり痛みを感じなくなりました。

テープかぶれによる乾燥が始まってきました。

10/30 赤色期から白色期に

タトゥー 除去 画像
タトゥー 除去 経過

昨日は赤い部分が多かったのに一気に白くなってきました。

「赤色期」→「白色期」がかなり進んでますね。

「白色期」は「上皮化」と言って皮膚ができて傷が塞がる過程なんだそうです。

要はまだ完全には治ってませんって事ですが、こうなってからは膿んだり炎症したりってことはないと思います。

10/31 上皮化中の刺青

タトゥー 除去 画像
タトゥー 除去 画像

昨日とほぼ同じですが、二の腕の方、乾燥がひどい。

テープを貼っている形に赤くカブれる。

刺青自体は経過良好です。

11/01 タトゥーの表面はデリケートで結構破れます

タトゥー ピコレーザー
タトゥー 除去 画像

幼虫からサナギになるようにどんどん白くなっていくタトゥー痕。

触った感じ普通の肌部分より弾力があるので、皮膚も厚いと思いがちですが、テープ剥がす時に簡単に破れる薄さですので出血に気をつけましょう。

絶賛「赤色期」→「白色期」で上皮化中。

この撮影の後、母との恒例、秋の小旅行に行ってきました。

帰ってきて母に張り替えを見せると「カブれてるやん」とタトゥーよりそっちが気になったようです。

11/03 刺青以外の部分が乾燥して痒い

タトゥー ピコレーザー
タトゥー ピコレーザー

乾燥して痒くて寝てる間引っ掻くから、朝起きたら刺青以外の部分から出血する、毎回。

初めてレーザー除去したときにラップ+保冷剤でケアしてて、カブれ+凍傷で皮膚がずるずるに剥けたんだけど、乾燥してると痕がなかなか消えない。

こういう弊害的な傷跡も今後ケアしないと。。。

ハイドロコロイドは粘着力が高めなので滲出液がもれずにホールドされやすいんだと思いますが、剥がすときの皮膚のダメージはまぁまぁなんですよね。

11/06 一般的にはほぼ完治してる感

タトゥー 除去 ピコレーザー 経過
タトゥー 除去 ピコレーザー 経過

完全な「白色期」に入りました。

タトゥー部分は白い膜(皮膚)で覆われています。

1日中ハイドロコロイド貼っていてもうっすらと滲む程度なので後2、3日したら何もつけず生活しようと思います。

全く滲まない程度まで本当は貼っておいた方がいい気はしてますが、テープかぶれによる乾燥と痒みがしんどいから無理!!!

11/11 うっかりタトゥー破いちゃった

タトゥー 除去 ピコレーザー 経過
タトゥー除去ピコレーザー経過

今日からハイドロコロイド一旦やめて、何もつけずに生活します。

タトゥーの部分は他の肌よりも硬いです。

ゴムとかそんな感じの弾力。

シアバターとかココナッツオイルとかで保湿しつつ様子をみていこうと思います。

11/26 刺青の色がうっすら戻ってきた

白く上皮化した部分が、ぺりぺりめくれて、刺青に色が戻ってきている感じ。

次回の予定は12月下旬ですが、その頃にどこまで色が戻ってしまうのか、、、

あと二の腕の方は結構シコリに近いケロイドになってしまっているのでスカリフィケーションみたいになりそうな予感あり。

まとめ

きつめの二日酔いでピコレーザー 照射したけどなんとか大きなトラブルもなく乗り切れました。

多分お酒飲まなかった方が治りとか早いと思う。

タイトルとURLをコピーしました