【タトゥー除去比較ブログ】2019/11/03ピコレーザー照射3回目

タトゥー ピコレーザー タトゥー除去
この記事は約2分で読めます。

傷の写真・腕毛とか自己責任でご覧ください。

3回目のピコレーザー照射直後の刺青、経過記録。
(2019/11/03)

スポンサーリンク

ピコレーザー照射から12日目のタトゥー

母との京都小旅行で11/2分の写真を撮り忘れていました。

今日は初回、2回目、3回目の照射後役12日のタトゥーの傷の治り具合を比較してみようと思います。

上から(もしくは左から)初回、2回目、3回目です。

まずは手首から。

2回目、3回目に関しては同じハイドロコロイドを用いた湿潤療法です。

ただ、2回目はまだ赤色期と言う挽回に差し掛かったところのようなので、治り的には3回目の方が回復が早いです。

初回はラップ+ワセリンがメインのケア方法だったので治り方が全く違います。

何度かに分けて薄いカサブタができて剥がれるを繰り返してを繰り返すんですが、タトゥー部分の変容は少なめ。

2回目、3回目に関しては手首同様3回目の方が治りが早い。

初回のタトゥー周辺の黒いものはカサブタの壊れたものだと思うのですが、こうしてみるとワセリン+ラップの方が治りが早いように思います。

お酒飲んでた、、、

初回と2回目のピコレーザー照射後4日目くらいで大量にお酒飲んでました。

しかもその間交換もせず。。。

2回目が3回目より治りが遅かったのってお酒と放置が原因かも。

初回もさらに早く治っていたかもしれません。

お酒は控えるべきですね。

私の使用中ケア用品

アミモト
アミモト

治りが早かろうと私はハイドロコロイドでの湿潤療法を続ける。

なぜならワセリンはベタベタするしラップを固定するテーピングも面倒なのです。

それに多分ワセリン+ラップの方が痒いと思うもの。

タトゥー除去
スポンサーリンク
アミモト サユミ

ひょんなきっかけでモデル事務所に所属させてもらうことになった山羊座の女。
WEB制作+カラーリスト+骨格診断士として活動中。
普段は完全猫ファースト、ぐったり系。
詳しいプロフィールはこちら

フォローする
スポンサーリンク
Sayumi note
タイトルとURLをコピーしました